裁判所から「支払督促」が届いたら

裁判所から支払督促などの書類が届いたにも関わらず放置してしまったら、基本的に相手の言い分がすべて通った形で判決となってしまいます。

返済することができず支払いが滞っていたら、ある日裁判所から書類が届いた。
そんな時どうしたらよいのでしょうか。
“裁判所から「支払督促」が届いたら” の詳細は »

ブラックリストってなに?

状態が「悪い」内容であることを「ブラックリストに載る」と呼んでいます。

債務整理の履歴がブラックリストに・・・ということを耳にしたことありませんか?ブラックリストに履歴が残るというのはどのようなことをさすのでしょうか?
“ブラックリストってなに?” の詳細は »

簡単にお金を借りれるって怖いこと

複数の消費者金融から多重債務をすると雪ダルマ式に金利は増えていきます

あなたに例えば、担保となるものや、保証人がいない場合、または緊急に融資を必要とする場合などは、借り入れが一般の金融機関ではできなくなります。

銀行や金融機関からの融資を受ける場合は、100%担保や保証人が必要になりますし、ある程度の借りる人への信用があってお金を融資してくれるからです。そうしますと信用力に欠け、各種金融機関から融資を受けることができない人は、どこからのお金も借りることができなくなります。
“簡単にお金を借りれるって怖いこと” の詳細は »

闇金はすぐに債務整理でわかる!

債務整理はあらゆる闇に葬られた違法な行為を洗い出す手がかりとなります。あなたも実は法の隙間で苦しんでいた人かもしれません。専門家に相談しましょう。

法改正をもとに、正当な理由なくして登録から6ヶ月以内に事業を開始しなかったり,6ヶ月以上事業を休止した場合は登録取り消しの対象となるという内容のように一時限りの営業や闇でこっそりと営業許可をダミーで取っているような業者はすぐにわかります。いわゆる「いい加減な業者」も債務整理を突き詰めていけばすぐに明るみに出るわけです。
“闇金はすぐに債務整理でわかる!” の詳細は »

債務整理とこれは違法!な貸金業の行為

債務整理の際にいい加減な営業をしていたり、法に従っていなかった貸金業者は処罰の対象になります。

債務整理は違法な業者を洗い出すための手段にもなりえます。特に専門家が

入る場合にはバッチリ取り締まられますので、債務整理を優位に進めるためにもきちんと法に従った貸付をしているか、営業をしているかどうか見てもらうようにしましょう。

例えば・・・・・・・

★無担保・無保証の貸付を行なうときは、借入申込書に借入希望金額、既往借入額、年収等の項目を顧客自らに記入することによりその借入意思の確認を行なう。
あなたが借りるときにはきちんとしていましたでしょうか?

★無担保・無保証の貸付を行なうときは、信用情報機関を利用して顧客の借入状況、既往借入額の返済状況等を調査して、その結果を書面に記録すること。信用情報機関の統合又は連携で、貸金業間の信用データ共有を見ることにより過剰な貸付を防止するための法律です。
遂行してくれていたのかどうか?チェックする必要があります。

また、クレジットなどの分割で行う割賦販売法においても、割賦販売業者は信用情報機関の正確な信用情報に基づいて、購入者が支払う賦払金がその支払能力を超えるような契約をしないよう努めなければならないと、法律に謳われています。さらに利息制限法を越える契約についての特定公正証書作成の嘱託の禁止、過剰貸付けの抑制のための総量規制、

指定信用情報機関制度を取り入れることとなっています。

法律で自己破産という制度があります
借金の返済を苦にして人生を暗いものにしてしまう事はありません。解決方法を探しましょう。
xn--qstz5yeocrsle2de4s.jp

法改正により変わった債務整理は?

債務整理だけでなく貸金業そのもののあり方を見直すいい機会が作られたのが法改正によるキャッシングの方向性です。

グレーゾーン金利の廃止など法改正により債務整理のあり方が大きく変わりました。
“法改正により変わった債務整理は?” の詳細は »